基礎化粧品メーカー「ルバンシュ」

2011年7月アーカイブ

日頃はルバンシュ商品をご愛用いただきまして誠にありがとうございます。

さて、セシウム汚染牛をはじめ食品の放射能汚染が心配される中、会社設立当初より一貫して「口に入っても安全な化粧品づくり」を基本姿勢としている弊社では、化粧品においても例外はないと判断し、今後バンシュ全商品において、製造する毎に外部検査機関に商品(内容物)を提出し、放射線量の測定を行うことといたしました。

検査項目は、厚労省発行の「緊急時における食品の放射線測定ニュアル」を参考に、セシウム137を測定し、不検出のみを弊社の合格基準といたします。
(セシウム以外の放射性核種も、セシウム137の線量に換算。不検出の場合、すべての放射性核種は含まれておりません。)

また、現在在庫している商品につきましても、震災日以降に仕入れた原料を使用した商品について、既に検査を実施し、放射線が検出しないことを確認済みです。

弊社では、製造毎に検査することにより、お客様へご安心いただける商品をお届けできるとし、また製造メーカーとしての責任であると考えております。

尚、放射線量測定につきましては、今後の事態の推移に注目しながら、国民の不安が解消されるまで検査を続けていくことといたします。

平成23年7月19日




自然派化粧品count 自然派化粧品count